[PR]

 インド自動車最大手でスズキ子会社のマルチ・スズキは1日、4月のインド国内の販売台数がゼロだったと発表した。ホンダやトヨタ自動車、地場大手などもゼロだった。各社は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために実施しているロックダウン(全土封鎖)によって、販売店を閉めていた。

 昨年4月のインド国内販売台数はマルチ・スズキが約13万4千台、ホンダが約1万1千台、トヨタが約1万台だった。

 インドでは、ロックダウンが3月25日から全土で実施されている。食料や医薬品、金融などを除いた事務所や工場は、閉鎖されている。インドの感染者数は1日現在、3万5千人を超えている。(奈良部健)