[PR]

 さいたま市は1日、新型コロナウイルスの院内感染によるクラスター(感染者集団)が発生した同市北区の彩の国東大宮メディカルセンターで、入院中の80代の女性患者1人が亡くなったと発表した。県内の死者は36人になった。新たな感染者はなく、県内で確認された感染者は中国・武漢市からの帰国者4人を含め868人。

 さいたま市によると、亡くなった女性は4月27日に陽性が判明した後、転院が難しいほどの重症となり、酸素吸入などの処置を受けていた。基礎疾患はなかったという。