[PR]

 湯崎英彦知事が県民に初めて外出自粛を要請した4月10日、ちょうどオープンの日を迎えたカフェがある。広島市中区小網町の「本屋兼カフェバー りんご堂」。目指していた「本好きの人が集う場所」にはまだなれていないが、ネットに活路を見いだしている。

 「困った」。店主の野崎泰弘さん(25)は途方に暮れた。店のオープンは4月10日午後3時。その直前、友人からの電話で知った。新型コロナウイルス対策で、湯崎知事が週末の外出自粛を要請したとニュースで流れていた。

 開店。友人ら7組の客が来てくれた。「これからどうするの」「どうしよう」。店内に暗い雰囲気が漂う。来ると言っていた友人から、「控えるね」という電話もあった。

 「このまま開けても気持ちよくお客さんを迎えられないな」。開店翌日の11日から、営業を自粛した。

 夢に見ていたカフェだった。府中町出身。専門学校生のときにカフェやバーでアルバイトした。自分もいつか店を持ちたい。それが目標になった。キャッシュレス決済の営業の仕事をしていた昨年秋、友人たちに「やってみたら」と背中を押され、開業を決意した。

 クラウドファンディングで資金を集め、安い物件を探し当てて今年2月にサラリーマンを辞めた。

 コンセプトは「新しい本と出会…

この記事は有料会員記事です。残り604文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り604文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り604文字有料会員になると続きをお読みいただけます。