拡大する写真・図版5月1日、ドイツ西部のヘール=グレンツハウゼンで行われた非公式大会が開幕し、試合でバックハンドで打ち返す世界ランキング239位のブラウン=AP

[PR]

 ステイホームのテニスファンに、生の試合を届けたい――。そんな思いから、ドイツで1日、男子テニスの非公式大会が開幕した。新型コロナウイルスの影響で停止している欧州のスポーツ界にさした希望の光。ウイルス感染の収束の見通しが立たない中で、大きな一歩と関係者は喜んだ。

 ドイツ西部のヘール=グレンツハウゼンにあるテニス施設で、プロ選手がボールを打ち合う音が響いた。コートにいるのは選手2人と主審の計3人だけ。観客どころかボールボーイ・ガールや、テレビ中継クルーもいない。1セット4ゲーム(3―3からタイブレーク)、2セット先取の変則マッチで行われた。

拡大する写真・図版5月1日、ドイツ西部のヘール=グレンツハウゼンで行われた親善試合で、サーブする世界ランキング332位のヤン・チョインスキ(英)=AP

 それでも、選手や主催者から自然と笑顔がこぼれ出た。無理もない。非公式とはいえ、3月中旬に男子プロテニス協会(ATP)がツアーを中断して以降、初めてのプロの試合だ。

 8試合が組まれた初日の第6試合。2015年のウィンブルドン選手権でラファエル・ナダル(スペイン)を破った世界ランキング239位のダスティン・ブラウン(独)が2セット連続でタイブレークを制して勝利。公式サイトは「この試合には全てそろっていた。素晴らしい技術のショットに、ラリー、そしてたくさん笑顔があった」とたたえた。

■無観客にマスク、除菌 安全面…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら