[PR]

 広島市は2日、新たに40代女性の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。広島県内で確認された感染者は計160人になった。

 広島市によると、女性はクラスター(感染者集団)が発生した同市内の社会福祉施設の入所者。4月に行ったPCR検査の結果は陰性だったが、陰性の入所者や職員を対象に再度検査した結果、陽性となった。いずれの検査時も、発熱などの症状はなかったという。