[PR]

 新型コロナウイルスの影響で6日まで臨時休園中の松江フォーゲルパーク(松江市大垣町)は、自宅でも園内の鳥たちの姿を楽しんでもらおうと、SNSでの発信を続けている。

 飼育員ならではの視点で撮影したハシビロコウやフクロウなどの写真や動画を、同園の山田篤さん(39)が連日、ツイッターに投稿し、好評を博している。黄色いくちばしが特徴的なオオハシとエボシドリがエサをついばむ様子とともに「すみません。多人数の会食が行われておりました」との投稿には、「密!」とコメントが寄せられた。

 来園者がいないことで園内の鳥たちは普段より静かな一方、インコやペンギンなど人懐こい鳥は退屈そうにしているという。開園に向け準備を続ける山田さんは「外出が難しい中、少しでも癒やされてくれれば」と話した。(清水優志)