[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大により、多くのドラマの収録が見合わせとなっている。そんな中、NHKは打ち合わせやリハーサル、本番収録などを、出演者やスタッフが直接会わない「テレワークドラマ」を制作した。「今だから、新作ドラマ作ってみました」と題し、4日からNHK総合で3作を放送する。

拡大する写真・図版4日放送の「心はホノルル、彼にはピーナツバター」。満島真之介さんらが出演する=NHK提供

 ドラマはいずれも30分で、時代設定は外出自粛が求められている現在だという。遠距離恋愛中の相手とビデオチャットの会話で行き違いが起こる「心はホノルル、彼にはピーナツバター」(4日放送、出演・満島真之介、前田亜季)、病気で死んだはずの妻と主人公の夫がビデオ通話で再会する「さよならMyWay!!!」(5日放送、出演・小日向文世、竹下景子)、外出自粛中に会いたいと思った人と魂が入れ替わってしまう「転・コウ・生」(8日放送、出演・出演・柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生)。

拡大する写真・図版5日放送の「さよならMyWay!!!」=NHK提供

 ドラマ全体を統括する編成局編成センター副部長の岡本幸江さんは、コロナ禍で世の中が重苦しい空気に包まれているからこそ、「見た後にほっとしたり、力が湧いたりするドラマを届けたい」という一心だったと話す。

 企画が動き出したのは4月上旬…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら