[PR]

 「外出自粛、最低限の買い物のみ、となると花屋なんて、一番に不要とされる仕事だと思ってました」。そんな花屋店員のツイートが拡散しています。「花って不要じゃないんだ」と思えるようになった経緯について聞きました。

 大阪府内の花屋で働く木村咲さん(33)。木村咲はペンネームで、花屋を舞台にした「いつかの恋にきっと似ている」(スターツ出版文庫)などの著書があります。

 新型コロナウイルスの影響が出始めたのは2月ごろ。会社の送別会などが中止となり、卒業式も縮小され、花束の注文のキャンセルが増えました。

 外出自粛が呼びかけられ、緊急事態宣言も出されたことでほとんどのイベントが中止に。ピアノの発表会などの注文はほぼゼロになり、飲食店向けに届けることもなくなりました。ギフト関連の花が減ることで客単価が下がり、売り上げも減少しました。

 そんな状況の中、変化が出始め…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら