[PR]

 高知南署は2日、新型コロナウイルスの感染予防用のアルコール消毒液を窃取したとして住所不定、自称大工の男(64)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。「感染予防のため」と容疑を認めているという。

 署によると、男は4月26日午後3時45分ごろ、高知市内のパチンコ店の手洗い場にあった消毒液1本(時価2千円相当)を盗んだ疑いがある。店で買おうとしたが、手に入らなかったとの趣旨の話をしているという。