[PR]

 米国で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための外出規制を緩和する動きが、一部の州で始まっている。しかし、本格的な経済再開に向けては、新型コロナの検査態勢の抜本的な拡充が課題だ。全米では1日に50万件以上の検査を処理する能力が必要とも言われているが、達成は容易ではない。

 4月18日、メリーランド州のボルティモア・ワシントン国際空港に大韓航空のチャーター機が着陸した。機内には、新型コロナウイルスのPCR検査キット50万個が積まれていた。共和党のホーガン州知事はワシントン・ポストの取材に対し、連邦政府が差し押さえないよう、「州兵が警戒にあたった」と明らかにした。保管場所は現在も、明らかにしていない。

 検査キットは、ホーガン氏の妻が韓国出身であるという関係も活用し、同州が韓国政府と直接交渉し、約900万ドル(約9億5千万円)で購入した。ホーガン氏は「危機の中で各州が国内、国外の市場で競っている。こうすべきだったかは分からないが、これが大統領がやるべきだ、と言ったやり方だ」と話した。

 同州は人口が約600万人。3…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら