[PR]

 新型コロナウイルスは、どんな人にも「平等」に降りかかる脅威とされる。しかし、職種や階層、生活様式でリスクは異なるのではないか。コロナがあぶり出す「不平等」を考える。

コラムニストの辛酸なめ子さん、ほっとプラス理事の藤田孝典さん、千葉大学・予防医学センター教授の近藤克則さんに話を聞きました。

都会の「没落」、価値が転換 辛酸なめ子さん(コラムニスト)

 コロナ禍で大きく変わったと思うのは、「リア充」的な生活が封印されたことです。ハレの場がなくなって、おしゃれなカフェに行ったり、パーティーで盛り上がったり、「インスタ映え」する写真をSNSに投稿したりといったことができなくなりました。

拡大する写真・図版コラムニスト・辛酸なめ子さん

しんさんなめこ
1974年生まれ。ユニークな視点から社会現象を読み解く。著書に「おしゃ修行」「辛酸なめ子の現代社会学」など。

 それは、東京で華やかに見える生活を送っていた人にとっての「没落」かもしれません。地方の人に優越感を覚えていたのに、いまは「東京の人間は地方に来るな」と言われてしまう。実家への帰省も嫌がられて「オンライン帰省」とか。価値観が百八十度逆転した感がありますね。

 海外暮らしへの憧れも同じで、以前は「海外に住んでいる人は勝ち組」みたいな意識がありました。でも、コロナの影響で海外から帰国した人へのバッシングも起き、むしろ反感が表面に出ています。

 最近は、「みんな平等につらい思いをしよう」という変なワンチーム意識みたいなものが広がっているように感じます。「江の島がこんなに混んでいる」と怒ったりとか。誰かが楽しんでいると、自分が損するような気分になる。みんな他人に攻撃的になっているような感じがします。

 コロナ禍を機に、華やかに見える生活を送っていた人と、そうでなかった人の人間関係の「格差」が縮まっていくとは思っていません。

 そうではなく、これまでの価値…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら