「コロナで金に困って」元上司を殺そうとした疑いで逮捕

[PR]

 借金返済を免れる目的で元上司の男性を殺害しようとしたとして、愛知県警は3日、フィリピン国籍の土木作業員サントス・ロビー容疑者(27)=愛知県西尾市駒場町=を、強盗殺人未遂の疑いで緊急逮捕し、発表した。サントス容疑者は動機について「新型コロナウイルスの関係で仕事が少なくなり、お金に困っていた」と供述。一方で、「殺意はなかった」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、サントス容疑者は2日午後9時~同20分ごろ、借金返済を免れるため、愛知県大府市の住宅の離れで、この家に住む建設会社役員の男性(34)の頭をハンマーで殴り、殺害しようとした疑いがある。男性は病院に搬送され、意識不明の重体。

 サントス容疑者は男性の元部下。現場から逃走していたが、男性の部屋からサントス容疑者名義の借用書が見つかり、県警が任意で事情を聴いていた。

 同日夜、男性の母親が離れのガレージのシャッターが開いているのを不審に思って入ったところ、2階で男性が暴行を受けていたという。サントス容疑者は母親を階段から突き落とすなどして逃走。母親は頭の骨が折れ、重傷という。