[PR]

 韓国軍の合同参謀本部は3日、北朝鮮との軍事境界線を挟んで設けられた非武装地帯(DMZ)の監視所に同日午前7時41分ごろ、北朝鮮から発射された銃弾数発が被弾したと発表した。

 同本部によると、韓国軍は現場の指揮官の判断に基づき、対応マニュアルに従って北朝鮮への警告放送と2回の射撃を行った。韓国軍側に被害は出ていない。軍の通信線を通じて北朝鮮側から当時の状況を聞き、再発防止などに向けた措置をとっているという。(ソウル=神谷毅)