[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国高校総体の中止を決定してから一夜明けた4月27日、さっそく動いた競技がある。水泳だ。

 「高校生に、本年度の取り組みを何らかの形で残せないか」

 全国高校体育連盟の水泳専門部がこんな呼びかけとともに、いくつかの代替案を47都道府県の担当者にメールで示した。

 競泳であれば、高校総体の参加標準記録を満たしていた選手を対象に、各都道府県で競技会を開き、全国上位の記録を出した選手を表彰する▽持ちタイムが高校総体の参加標準記録を満たしていた「証明書」を発行する――など4案。大学へのスポーツ推薦で必要とされる「全国大会での成績」を担保する狙いもある。

 飛び込みでは、遠隔地で審判が演技を採点する「オンライン競技会」の案、水球は規模を縮小した全国大会の実施案も示された。

 高校総体中止も視野に、あらかじめ善後策を話し合っていた。全国高体連水泳専門部の須藤聡部長は「少しでも早く動き出し、希望を残したい」。各都道府県から5月中に意見をもらい、対応を決める。

■都道府県単位で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら