[PR]

 競馬のGⅠレース、第161回天皇賞・春は3日、無観客の京都競馬場芝3200メートルに14頭が出走して行われ、単勝1番人気のフィエールマン(牡(おす)5歳、美浦・手塚貴久厩舎(きゅうしゃ))が3分16秒5で優勝した。昨春に続く2連覇。春の天皇賞の2連覇は史上5頭目。手綱を取ったクリストフ・ルメール騎手は、2018年秋のレイデオロから史上初となる春秋の天皇賞4連勝を果たした。

 ハナ差の2着は11番人気のスティッフェリオ、3着はミッキースワローだった。