[PR]

 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハサウェイが2日発表した2020年1~3月期決算は、最終損益が497億ドル(約5・3兆円)もの赤字(前年同期は黒字216億ドル)だった。新型コロナウイルスの影響で、投資先の株価がそろって急落したため。赤字幅は過去最大となる。

 18年の会計ルールの変更で、保有する株式の評価損益を四半期ごとの最終損益に反映させることになり、赤字幅が膨らんだ。米主要株価指数は1~3月に約20%下落しており、投資による損失は計556億ドルに上った。一方、傘下企業が展開する保険やエネルギーなどのビジネスは堅調で、営業利益は前年同期比5・7%増の58億ドルだった。

 同社は米アップルやコカ・コーラといった有名銘柄のほか、デルタ、アメリカン、ユナイテッドなど米主要航空会社の株式も保有していた。しかし、バフェット氏は2日、オンライン中継の株主総会で「世界は変わってしまった」などと述べ、航空会社株を全て売却したと明らかにした。

 外出規制などの影響で、4月の米国の航空旅客は前年より95%減った。バフェット氏は航空会社への投資について「当時は魅力的だったが、私の間違いだった」と語った。「3、4年後、人々が昨年と同じぐらい飛行機に乗るのかどうか分からない」とも述べた。(ワシントン=江渕崇)