[PR]

 年収が高い専門職の人を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」を導入した企業が、昨年4月の制度開始から1年間で約10社、適用された働き手が414人にとどまることが厚生労働省の集計でわかった。「過労死を助長する」との批判が根強い中、安倍政権は経済界のニーズがあるなどと主張して導入したが、利用は広がっていないようだ。

 企業が高プロを導入するには、働き手と会社の代表でつくる労使委員会で決議した上で、労働基準監督署に届け出る必要がある。厚労省の集計によると、今年3月末までの1年間に各地の労基署が受理した決議届は12件だった。同じ企業の届け出を複数カウントする場合もあるため、届け出たのは約10社とみられる。

 高プロが適用できるのは年収1075万円以上で、金融商品の開発▽ディーリング▽アナリスト▽コンサルタント▽研究開発、の五つの対象業務に就く人。本人が同意する必要がある。適用された414人の業務別の内訳は、コンサルタントが369人と大半を占め、アナリスト27人、ディーリング15人が続いた。金融商品開発は2人、研究開発は1人だけだった。

 高プロは2018年6月に成立…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら