[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、在阪の四つのプロオーケストラが大きな打撃を受けている。中止や延期に追い込まれた演奏会は、関西圏だけで少なくとも100公演近く、損失は億単位に上る。4オケは「存続の危機」を口にしながら、生き残り策を模索している。

拡大する写真・図版大阪交響楽団=同楽団提供

拡大する写真・図版大阪交響楽団のロゴ

 大阪交響楽団(堺市)は、3月だけでも5千万円以上を見込んでいた依頼公演の収入がゼロになった。一方で、契約していたエキストラ奏者たちへのキャンセル料として、約200万円の臨時支出が発生した。

 3~5月で中止や延期になったのは約40公演。公演を再開する見通しは立たず、夏にかけてのチケットも売り出せないままだ。

 赤穂正秀事務局長(51)は「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら