[PR]

 「ヒーロー」は、ひざをつき、うめきながら泣いていた。

 赤い鎧(よろい)をまとい、腰には変身用のベルト。りりしい姿と裏腹に、守ると決めた人を敵にさらわれて、こぶしを地面にたたきつけた。

 2018年の冬。宮城県石巻市のホールで、ステージを400人が見つめていた。「がんばれー!」と叫び続けていた子どもたちが一瞬静まりかえる。再び助けに向かおうとするヒーローを、かたずをのんで見つめた。

拡大する写真・図版男性が「変身」したヒーローは、いつも子どもたちに囲まれている=2019年12月9日、仙台市宮城野区

 仮面の下で、男性(57)は本当に涙ぐんでいた。

 うちのめされても、はい上がる。その姿が、これまでの自分と重なった。

 11年の春。東日本大震災から1カ月がたったころ、経営する企画制作会社で、電話を受けた。

 「子どもたちがヒーローに会いたがっている。慰問してもらえないか」

 避難所に身を寄せている人から…

この記事は有料会員記事です。残り812文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。