[PR]

 新型コロナウイルスをめぐり、神奈川県内では4日、新たに10人の感染と3人の死亡が発表された。県内で発表された感染者は累計1109人、死者は45人になった。

 死者3人のうち1人は60代の男性警察官で3日に死亡した。県警によると、再任用職員(警部補)として藤沢北署に勤務。4月7日に感染が確認されていた。

 また、横浜市によると、さいわい鶴見病院(鶴見区)の入院患者の70代女性が5月3日に死亡した。同病院で判明した感染者は、これで入院患者4人、看護師1人、理学療法士1人の計6人になった。

 死者3人のうち残る1人は80代男性で、2日に死亡。集団感染が発生した横浜市内のグループホームに入所していた。

 川崎市では、川崎協同病院(川崎区)の入院患者の50代女性と、職員の30代男性の感染が新たに確認された。同病院で判明した感染者は計16人になった。