[PR]

 新型コロナウイルスの感染防止のため、千葉県内で休業要請が続く中、県は4日、一度は要請に応じて休業したが、最近になって営業を再開したパチンコ店1店があることを発表した。特別措置法に基づき、東金市のこのパチンコ店名を公表した。休業から一転営業を始めて公表された店は、県内で初めて。

 県によると、このパチンコ店は4月14日からの休業要請を受けて同27日から休んでいたが、今月2日に再開した。県は店名を公表することを同日に事前通知したが、店側からは「経営者の判断で、店を休めない」などと回答があり、理解を得られていないという。

 同店の駐車場には4日正午すぎ、200台近くの車が止まっていた。

 店から出てきた東金市内に住む自営業男性(59)は「市内外から人が集まって感染が広まる心配はあるが、開店していたら来てしまう。みんなマスクしているし大丈夫では」と話す。

 インターネットで開店中の店を探して来店したという八街市の40代製造業の男性は「店内は3密状態だった。せっかく来たが心配になって、2時間くらいで出てきた」。

 数年前から同店で働く男性従業員は「休みが続く分、売り上げが落ち、給料が下がる。生活に困るし、再開されて正直助かる」とマスクをしながら話した。

 地元住民は営業再開を心配する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら