[PR]

 新型コロナウイルスの感染者は4日、午後10時の時点で新たに178人が確認され、国内の感染者は1万5261人となった。死者は新たに20人確認され、計556人となった。

 神奈川県では、60代の男性警部補が3日に入院先の病院で亡くなった。感染により警察職員が死亡したのは全国で初めて。警部補は藤沢北署の警備課に再任用職員として勤務し、内勤の仕事をしていた。

 奈良市では感染者の70代男性が死亡。感染経路はわかっていない。濃厚接触者だった家族に症状は出ていないという。大阪府では、70~90代の男女3人が死亡し、死者が53人となった。

 北海道での感染者数は横ばい状態が続く。道内では新たに31人確認された。このうち札幌市が29人を占め、過去最多。死者は43人になった。

 東京都では87人の感染を確認。2日連続で100人を下回った。施設内でのクラスター(感染者集団)が目立ち、東京新宿メディカルセンター(新宿区)で入院患者13人を含む計24人、城西病院(杉並区)で6人、特別養護老人ホーム「北砂ホーム」(江東区)で2人の感染が含まれるという。

 広島では、一度退院した患者が再度、陽性となった。約2週間前に退院したものの、再び筋肉痛や嘔吐(おうと)の症状が出たという。