[PR]

 新型コロナウイルスの出現で、我々の生活は大きく変わりました。これからどのように、このウイルスと向き合っていけば良いのでしょうか。JT生命誌研究館の中村桂子名誉館長(84)に聞きました。

拡大する写真・図版中村桂子・JT生命誌研究館名誉館長(同館提供)

 新型コロナウイルスの広がりは、人間が生き物であることを再認識させてくれています。生命誌の観点でみると、コロナウイルスの自然宿主のコウモリも、ヒトも哺乳類。多様な生き物の中で本当に近い仲間です。ウイルスにとってはどちらも増殖の場となるという意味で同じ生き物です。

 そうした中で、それぞれが生きようとし、存続し続けてきました。ですので、ウイルスとの関係を語るとき、「戦う」や「撲滅する」という言葉はあてはまらないと思います。

 生き物の世界に単純な勝ち負け…

この記事は有料会員記事です。残り1019文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1019文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1019文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら