[PR]

 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は4日の記者会見で、欧州連合(EU)などとともに設けた新型コロナウイルスの治療法・ワクチンの開発を加速する枠組みについて、参加する各国が「開発の加速と同時に、万人が手の届くようにすると約束した」ことを評価した。

 会見に先立って同日、EUのフォンデアライエン欧州委員長がこの枠組みでテレビ会合を開き、約40の国が74億ユーロ(約8600億円)の拠出を表明した。

 テドロス氏はこれを受けて、会見で「力強く感動的な世界の連帯を示す行動だ」と述べた。そして「どれだけ早く安全で効果ある道具(治療法やワクチン)を開発できるかだけでなく、それらをどれだけ公平に分配できるかで、真の成功は測られる」として、途上国や医療の脆弱(ぜいじゃく)な国で入手可能にすることを重視する姿勢を改めて強調した。

 この枠組みでは、WHOとEU…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら