[PR]

 #独自のファッションセンス、#板前寄りの風貌(ふうぼう)――。「千葉T」と呼ばれるTシャツ誕生のきっかけは、同僚がインスタグラムに投稿した衝撃写真だった。J1名古屋が、元日本代表DF千葉和彦(34)の若かりし頃の写真がデザインされた「二十歳の千葉グッズ」を5日夕から発売する。Tシャツ(2千円)、キーホルダー(500円)、ステッカー(880円)の3種類で、公式オンラインショップで購入可能だ。本人は「街中でも自然に溶け込めるようなデザイン」と売り込むが……。

 グッズ化されたのは千葉が高校卒業後、単身オランダへ渡り、アマチュアとしてプレーした2005年に出発前に空港で全身を写した一枚。白シャツに首からパスポートケースをぶら下げ、短髪、メガネ姿。表情は硬く、高揚感は感じられない。

 1月下旬、同僚の元日本代表DF太田宏介が「#襟付きシャツの重ね着」「#メガネのフレームよりも太い眉毛」などのハッシュタグを付けて投稿すると、浦和のDF槙野智章は「なんだこれ。笑」と反応した。

 クラブ広報によると、その後テ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら