[PR]

 新型コロナウイルスの感染のピークなどを予測しているワシントン大学が4日、情報を更新し、8月初めまでの米国の死者数が約13万5千人になると大幅に上方修正した。予測モデルは、ホワイトハウスの会見でもたびたび取り上げられたもの。多くの州で経済活動を再開するために外出規制が緩和されつつあることが、ウイルスの拡散につながるとしている。

 米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、米東部時間4日午後9時時点で、米国の感染者は約118万人、死者は約6万9千人と世界最多だ。

 前回4月29日の予測では、死者数は7万2433人だったが、4日の更新で6万2042人増え、8月初めまでに13万4475人になるとしている。

 11日までに全米50州のうち…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら