[PR]

 愛知県は5日、県内の新型コロナウイルスの感染者延べ495人分の非公開情報を県のウェブサイトに誤って掲載したと発表した。5日午前9時半ごろから約45分間、閲覧できる状態になっていた。うち396人は氏名が公開されていたという。

 発表によると、誤掲載があったのは、県が新型コロナに関する情報を紹介するウェブサイト上で公開している「県内発生事例一覧表」。この表では、4日までに県内で確認された感染者495人全員の、年代、性別、居住自治体、接触状況などを公開しているが、396人分の氏名が見える状態になっていた。他の感染者についても、入院先医療機関や入院日、退院日、所属するクラスター(感染者集団)などの非公開情報のいずれかが見える状態になっていた。

 5日午前9時半ごろ~午前10時15分ごろの45分間、県のウェブサイトに掲載されていた。県民からの問い合わせの電話で発覚し、表を削除したが、システムの仕組み上、IPアドレスなどを解析すれば正午までファイルへのアクセスが可能だったという。延べ739件のアクセスがあったが、一覧表の転載や悪用の報告は入っていないという。

 掲載前に個人情報を削除し忘れたのが原因。本来は、2人でチェックして公開する手順だったが、1人で作業を行ったという。県は今後、複数人でのチェックを徹底する。

 県の担当者は記者会見で「患者やご家族への風評被害防止に取り組むべき県がこのような事態を招いたことを深くおわび申し上げたい」と述べた。(堀川勝元)