[PR]

 NHK連続テレビ小説「エール」の主人公のモデル、古関裕而さん(1909~1989年)作曲の県立彦根東高校歌の楽譜コピーが、同校で見つかった。古関さんの直筆と見られ、楽譜には「明朗に」と歌い方の指示も書かれている。

 見つけたのは、同校の史料整理をしている彦根東校元教師、寺村銀一郎さん(70)。「エール」放映を機に、かつての校長が「古関さん直筆の楽譜がある」と話していたのを思い出し、史料室を探して見つけたという。

 楽譜はA3のコピー3枚で、封筒に入っていた。楽譜と歌詞を書いた2枚と、両方を両面にコピーした1枚。コピーには「原本」と書かれ「古関裕而曲 yuuji koseki」のサインもあった。古関さんが亡くなる5年前に書いた色紙が同校にあり、それと比べると同じ字体だった。

 同窓会誌や学校新聞などを調べたところ、校歌は1952年にできたことが分かった。同校の講師で校歌を作詞した吉田精一さんが、古関さんに作曲を依頼していた。

 吉田さんは、同校の前身の彦根…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら