関西の企業、大阪府基準に 「目安」「喜べない状況」

有料記事

金本有加、神山純一、加茂謙吾、生田大介
[PR]

 大阪府による自粛要請の解除基準の発表について、関西の百貨店やホテルでは「(営業再開に向けた)一つの目安ができた」と評価する声がある一方、慎重な見方をするところもある。

 近鉄百貨店の関係者は「数値は一つの目安になる」と評価する。ただ、営業再開には季節商品の入れ替えや感染予防策などの準備が必要で、「(営業再開できる)時期を早めに示してもらえれば」と話す。

 阪急・阪神百貨店などを展開するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは緊急事態宣言の延長で「6日まで」と発表していた休業期間を、当面の間は継続する。広報担当者は大阪府の発表に「今月末までは身動きが取れないと思っていたが、いつでも再開できるように準備はしないと、という心持ちになった」と話す。

 一方、高島屋大阪店の広報担…

この記事は有料記事です。残り552文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!