[PR]

 英国政府は5日、新型コロナウイルスによる死者が前日から693人増えて2万9427人になったと発表した。死者数が欧州で最多だったイタリア(2万9315人)を超え、米国についで世界で2番目に多くなった。

 英国家統計局の集計では、感染による死者の7割が病院で亡くなっている。病院で死亡する人は減少傾向にある一方、介護施設で亡くなる人は増加傾向にある。

 5日に記者会見したラーブ外相は、死者の多さについて「大きな悲劇だ」と語った。また、「世界的流行が終わり、すべての死因による死亡率に関する包括的なデータが得られるまで、各国の対応がどれほどうまくいったか真の判定はできないと思う」と指摘した。

 英BBCは、英国はイタリアより人口が1割ほど多く、都市の規模も大きいことなどから、比較には注意が必要だと伝えている。

 英国では、毎日発表している死者の集計方法を4月末に変更した。感染して病院で亡くなった人の数だけを発表していたが、介護施設などで亡くなった人の数も含めるようにした結果、数が急増した。政府は現在、「感染拡大のピークは過ぎた」としている。(ロンドン=下司佳代子)