フローリアン・シュナイダーさん(電子音楽グループ「クラフトワーク」共同創設者)AFP通信などが6日伝えたところによると、がんで死去、73歳。

 70年に独デュッセルドルフで、ともにクラシック音楽の研鑽(けんさん)を積んでいたラルフ・ヒュッターと「クラフトワーク」を創設。74年のアルバム「アウトバーン」が世界的に大ヒットした。リズムマシンや電子楽器を使う現代的なサウンドは、テクノポップやプログレッシブ・ロック、ヒップホップなど様々な音楽ジャンルに浸透し、マイケル・ジャクソン、デビッド・ボウイ、YMOら世界中のアーティストに多大な影響を与えた。ほかのアルバムに「放射能」「ツール・ド・フランス」など。