拡大する写真・図版未完のままのナチスの「議事堂」。この遺構に2001年、ナチス党大会記録センターができた=2月、ドイツ・ニュルンベルク。藤田直央撮影

[PR]

ナチズムの教訓は今③

 ヒトラーが「巨像」と呼んだナチス最大の遺構を、ドイツのニュルンベルクに訪ねた。1930年代に政権を握り党大会を毎年開いたこの古都で造りかけた、円形闘技場を思わせる「議事堂」だ。

 広さは東京ドームほどで、高さは39メートルと予定の半分まで築かれ、第2次大戦により未完。巨大な施設に人々を集め、神秘的な演出で一体感を与える。ナチスのプロパガンダへの執念が伝わってくる。

 「議事堂」にナチス党大会記録センターがある。プロパガンダの危うさを伝える常設展「魅惑と恐怖」を生徒が見学する中、博士号を持ち展示に携わるマルチナ・クリストマイヤー(46)に聞いた。

拡大する写真・図版ナチズムを記録し伝える意義を語る博士のマルチナ・クリストマイヤー=2月、ドイツ・ニュルンベルクのナチス党大会記録センター

 「ここは、加害者について語る場です。例えばなぜニュルンベルク法が機能したかについて」

 ナチス独裁のもと35年の党大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら