コロナ外出自粛、ヒロシが語る 「僕でもつらい、でも」

有料記事新型コロナウイルス

聞き手・玉置太郎
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちのくらしや社会を大きく変えました。直面する不安に、どう向き合い、乗り越えていけばいいのか。各界で活躍する人たちに尋ねました。

 「ヒロシです……」のネタでブレークした数年後、僕はテレビの仕事から身を引きました。テレビの世界が合わず、精神的にもきつかった。

 昔から「一人」が好きなんです。友達が多い人が偉いって空気の中で、群れるためにいろんな我慢をするのが嫌で。人とはできるだけ距離を置くようにしてきました。今、感染対策で言われる「人との接触8割減」は、僕にとっては特段、つらくありません。

 最近の仕事は「ソロキャンプ」です。テレビの世界から身を引いた後、好きだったキャンプに行くようになった。一人でたき火をして、料理をする。5年前、その動画をユーチューブで流したら、思わぬ反響がありました。今やチャンネル登録者は60万人を超え、立派な収入源です。キャンプ関係の仕事も増えました。

 テレワークが注目を集める今の流れは、ネットで仕事をする僕にはありがたい。この取材も自宅からZoom(テレビ会議システム)で受けているけど、以前なら互いがどこかに集まっていた。移動の時間や経費の無駄に、みんな気付いたはずです。

 人間関係も同じって言っちゃ…

この記事は有料記事です。残り781文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]