[PR]

 米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)は6日、今年1~3月に電子版の購読者数が46万8千件増と過去最大の伸びを記録したと発表した。新型コロナウイルスをめぐる報道が新たな読者を引きつけており、4月末時点では電子版の購読者数が400万件に達したという。

 NYTは3月、新型コロナについての記事の多くを、有料契約者でなくても読めるようにした。3月の月間ページビューは25億と普段から倍増。「米国の成人の半分超がNYTにアクセスした」としており、その結果、新たな有料読者の獲得にもつながった。電子版の購読料を月15ドル(約1600円)から17ドルに値上げしたが、購読者は増え続けた。

 2011年にNYTが電子版を有料化して以来、これまで購読者がもっとも伸びたのはトランプ政権が発足した17年1~3月の30万8千件増。政権に批判的な報道が新たな読者を呼び込んだ。今回は、それを5割超も上回る驚異的な伸びだ。

 電子版、クロスワードアプリな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら