[PR]

 患者が減り、感染防護具も不足――。新型コロナウイルスの感染拡大は、感染者が入院する大病院だけでなく、身近な医療機関にも深刻な影響を及ぼしている。

 「昨年3月の患者さんは952人だったのに、今年3月は610人。4割近く減りました」

 そう話すのは、ニコニコこどもクリニック(名古屋市中村区)の荻野高敏院長だ。「4月に入って、さらに減っているのではないかな。新型コロナウイルスは大変怖い病気だけれども、経営も大変。規模が大きい病院ほど大変だろう」

 開業30年で、2009年の新型インフルエンザも経験したが、「あの時は検査ができ、治療薬もあった。今ほど心配はしなかった」という。いま、1日に訪れる患者は5~15人。発熱がある患者は別の部屋で診察し、荻野さんはゴミ袋に穴を開けてガウン代わりにし、手作りのフェースシールドとマスク、手袋を着けて対応する。幸い、まだ新型コロナウイルスの感染を疑うケースはない。「子どもは急な発熱や下痢、嘔吐(おうと)といった急性疾患が多い。普段なら病院に行くケースでも、なるべく外出したくない、行きたくないということで、我慢してしまっているのではないか」と心配する。

休校中に間食…虫歯が

 歯科医院でも、患者の減少や医…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら