[PR]

 7日正午ごろ、東京都江戸川区北小岩3丁目の国道14号で10歳ぐらいの男児が倒れているのを、大きな音を聞いて駆けつけた近くの交番の警察官が発見した。警視庁によると、男児は病院に搬送されたが、頭を強く打っており、まもなく死亡が確認された。同庁はひき逃げ事件として捜査。現場から走り去った白色のワゴン車と特徴の似た車が千葉県松戸市内で見つかり、何らかの事情を知っているとみて男から話を聴いているという。

 小岩署によると、男児のそばでは壊れた自転車も見つかった。警視庁は、男児は近くの交差点を自転車に乗って横断中、直進してきた車にはねられたとみて、当時の状況を詳しく調べている。