リュウグウは太陽に近かった? はやぶさ2の画像で判明

[PR]

 探査機はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に着陸した際に舞い上がった砂の画像から、リュウグウはかつて、太陽にかなり近い軌道を回っていたらしいことがわかった。東京大や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが7日、米科学誌サイエンスに発表した。

 発表によると、はやぶさ2が昨年2月、リュウグウに1回目の着陸をした際、撃ち込んだ弾丸や離陸時の噴射で、地表にあったと思われる0・3ミリ以下の赤黒い微粒子が多数舞い上がるのがカメラに捉えられた。

 赤黒い微粒子は解析の結果、30万~800万年前の間に太陽にあぶられてできたことがわかった。東京大の諸田智克准教授は「リュウグウはかつて、水星より内側の軌道にいたのではないか」と推測した。

 リュウグウはもともと、火星…

この記事は有料会員記事です。残り230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

はやぶさ2探査、50億キロの挑戦 生命の起源探る試み

はやぶさ2探査、50億キロの挑戦 生命の起源探る試み

6年50億キロの旅を続ける探査機はやぶさ2の挑戦をまとめました。[記事一覧へ]