[PR]

 星に自分だけの名前をつけよう――。北海道初山別村のしょさんべつ天文台が取り組む「マイスターズシステム」に登録された星の数が、1万個に達した。1万個目には、天文台で星空のロマンを語り続け、4月末に亡くなった前職員の名前が付けられた。

 マイスターズシステムは、村内だけで認められる名前を星に付けてもらおうと、1995年から始まった。遠く離れた恋人や亡くなった子どもの名前、卒業時のクラス名や好きなビールの銘柄などが、様々な物語とともに付けられるようになった。

 登録開始から25年をかけ、今年4月27日には登録数が9999個に達した。その翌々日、3月末で天文台の嘱託職員を退いた黒田弘章さんが、亡くなった。63歳だった。

 天文台は、1989年に開設さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら