【動画】新型コロナ対策に新生児もフェースガード=瀬戸口翼撮影
[PR]

 生まれたばかりの赤ちゃんを新型コロナウイルスから守りたい――。そんな願いから生まれた新生児用のフェースガードが医療現場で使われ始めている。

 普段はパチンコなどのアミューズメント機器を製造している「NAITO」(本社・愛知県みよし市)が、「社会貢献」を目的に4月下旬から医療機関向けに製造・販売を始めた。

 埼玉県幸手市の医療法人社団「ワイズレディスクリニック」は、さっそく5月から導入した。3日に長女を出産した市内の西森友映(ゆえ)さん(28)は「マスクより着けやすくてありがたい。大変な時期の出産だったけれど、生まれてきてくれてありがとうと伝えたい」。

 同クリニックは家庭向けに、新生児用フェースガードの作り方もブログ(https://yslc.exblog.jp/31173260/別ウインドウで開きます)で発信している。瀬川裕史理事長(62)は「新生児のマスク着用は難しい。感染症に対する母親の不安を和らげたい」と話す。

 製造元のNAITOは約2週間で製造ラインを立ち上げたという。大人向けのフェースガードを含めて月産30万個の製造に取り組んでいる。担当者は「生まれたばかりの小さな命や医療従事者を守ることにつながれば」と期待を込める。(瀬戸口翼)