第8回政権批判が消えた国 コラムの行間に記者の苦悩を見た

有料会員記事新型コロナウイルス

イスタンブール=其山史晃
[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が広がるトルコで、エルドアン大統領への支持率が上がっている。その強力なリーダーシップで打ち出される政権の政策に対する異論や批判をメディアで目にすることはほとんどない。危機における報道の役割とは何なのかと考えさせられる。

低いトルコの死亡率

 トルコ政府は毎日、検査数や感染者の数字、死亡者数を発表している。5日現在の感染者数は12万9人、死者数は3500人を超えた。感染者数は世界で8番目に多く、中東ではイランを抜いて最多だが、2・7%という死亡率はトルコより感染者数が多い欧州諸国の10%台に比べて、かなり低い。政権はトルコの充実した医療制度と医療従事者の努力のたまものだとしている。感染者数が増えたのも、積極的な検査で発見できたという評価だ。

 世論調査会社メトロポールの…

この記事は有料会員記事です。残り2454文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]

連載特派員の声 コロナ危機の世界から(全10回)

この連載の一覧を見る