[PR]

 東京・世田谷の住宅街を散歩していると、巨大な球体が目に飛び込んできた。誰が何の目的で? その正体を訪ねてみた。

 東京都世田谷区粕谷のマンションが立ち並ぶ住宅街を歩くと、突如、巨大な球体が現れる。見る場所によっては球体の数が二つになったり、三つになったり。一体、いくつあるのだろう。

拡大する写真・図版東京ガス世田谷整圧所のガスタンク=東京都世田谷区、迫和義撮影

 「全部で5基あり、私たちは『ガスホルダー』と呼んでいます」

 そう教えてくれたのは、この施設を管理する東京ガス防災・供給部の谷田部義則さん。1956年、東京ガスの世田谷整圧所として、日本で初めて球形のガスホルダー2基が設けられた。今は5基に増え、ホルダーの直径は約33メートル。輸入した液化天然ガスを受け入れ基地の設備で気化させ、地下のガス管を通じて整圧所に運び込んでいる。1基の容量は一般家庭8万世帯が1日に使う量に相当し、世田谷区を中心に都内にガスを供給している。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員限定のプレゼントもあります。

 住宅街のど真ん中にあり、地震…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら