平山郁夫画伯を育てた海 シルクロードからつながる道

有料記事

編集委員・中村俊介
[PR]

 はるかな仏伝の道を絵筆で追い続けた平山郁夫画伯。今年はその生誕90年だ。シルクロードを舞台にした作品の数々は、ラクダの隊列や中東の古代都市を包む黄土がセピア色にも見えて、西域へのあこがれを誘う。

 瀬戸内海に浮かぶ生口(いくち)島(広島県尾道市)の平山郁夫美術館を訪ねた。旧瀬戸田町は画伯のふるさとだ。

 「シルクロードの絵を覆う金色は、ふるさとの風景が影響していたのではないでしょうか」。実弟の平山助成(すけなり)館長が、そう言いながら一枚の絵はがきをくれた。写真には、幼い画伯も遊んだであろう、夕暮れの海。水面が陽光を反射し、黄金色に輝いている。

 そうか。キャンバスの中の…

この記事は有料記事です。残り520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!