[PR]

 ゲーム大手のカプコンが8日発表した2020年3月期決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年比25・8%増の228億円と過去最高だった。売上高が815億円と同18・4%減った一方、利益率の高いゲームソフトのダウンロード販売が増えたためという。

 ダウンロード版は店頭などで売るパッケージ版よりも価格は安いが、データのやりとりだけで済む分、利益率が高い。人気シリーズ「モンスターハンター」の新作など、主な販売をダウンロード版に転換したことが功を奏し、純利益も同27・1%増の159億円で過去最高となった。

 同業大手の任天堂は新型コロナウイルスの影響による「巣ごもり需要」を追い風に好業績をあげたが、カプコンは自社ソフトの販売本数は前年並み。巣ごもり消費は「それほど大きくなかったと考えている」(野村謙吉専務)という。

 逆に、各地で運営するゲームセ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら