[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が実施する、全国すべての人への一律10万円の現金給付。このお金を新型コロナの治療にあたる医療従事者や休業中の飲食店などへ寄付したい人に向け、ヤフーなどが特設サイト(https://corona-kifu.jp/別ウインドウで開きます)を開設した。

 寄付する先の分野は、「医療」「福祉・教育・子ども」「文化・芸術・スポーツ」「経営困難な中小企業」の四つから選ぶ。寄付金は100円から。3千円超を寄付した場合は証明書が送られ、確定申告すれば税の控除を受けられる。寄付は1年間受け付ける予定だ。

 寄付先は18日から公募し、各分野の専門家らが緊急性や実績、寄付金を使う用途や目的などを審査する。選ばれた個人や団体などには、6月末に寄付金が届けられるという。

 8日にオンラインで会見した、発起人代表でNPO法人「ドットジェイピー」の佐藤大吾理事長は「現金給付を申請しないという声も聞いたが、受け取った上で少しでも寄付していただければ」と話した。(益田暢子)