[PR]

 旅から旅へと興行を続ける大衆演劇(旅芝居)。寺社の境内などで小屋掛けをした江戸期以来の芸能が、新型コロナウイルスの感染拡大で窮地に立っている。寝泊まりしていた劇場の楽屋裏や温泉施設が休館となり、一座の移動そのものが困難になっているのが大きな理由だ。居場所を失った旅役者の悩みは深い。

拡大する写真・図版ショーが終わった後、観客を見送る「送り出し」では写真撮影もOKだった=2019年4月、奈良県大和高田市の「弁天座」、小泉撮影

 緊急事態宣言が出た翌日の4月8日、横浜・三吉演芸場での公演を中止したのが九州を拠点とする「劇団花車」だ。福岡・小倉の自宅に帰った座長の姫京之助さん(61)は言う。

 「今月は収入がほとんどない。しかも『乗り込み』にかかる経費をこれから心配しないといけない」

 「乗り込み」とは、旅芝居の世…

この記事は有料会員記事です。残り1191文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。