[PR]

 鳥取県は8日、境港市出身の漫画家・水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪たちが、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための応援の言葉を投げかける県民向けのメッセージ動画の公開を始めた。

 動画は約2分間。東映アニメーション、水木プロダクション、東京都調布市が制作した。鳥取が水木さんの出身県であることから、提供を受けた。主人公の鬼太郎とねこ娘が登場し、できるだけ家の中にいることなどを呼びかける。

 動画は県のウェブサイト「とっとり動画ちゃんねる」(https://www.pref.tottori.lg.jp/tottoridougachannel/別ウインドウで開きます)で配信。東映アニメーションの永富大地プロデューサーは「水木先生に頂いたゲゲゲの鬼太郎を通じて何か届けられたらと企画した。みなさんに喜んでもらいたい」。

 視聴した平井伸治知事は「見えない妖怪が見えない敵と戦う私たちにメッセージをくれた。政府の広報より効果がある」。(矢田文)