[PR]

 今月末まで緊急事態が延長され、休校が続く首都圏。各地の学校で、教師たちがオンライン授業に奮闘中だ。少しでもより良い学びを届けたいと模索し、校長が自ら教える学校も出てきている。(柏木友紀、山田暢史、宮坂麻子)

「挙手、実際のクラスより恥ずかしくない」

 4月下旬、北鎌倉女子学園(神奈川県鎌倉市)。中1の英語の授業が始まると、約30人の生徒の顔が次々とテレビ会議システム「Zoom(ズーム)」の画面に映し出された。直接お互いに顔を合わせたのは、同7日の入学式での1時間余りだけ。その場で各自がiPadを受け取り、翌日からオンラインで使い方を学びながら、双方向型で授業を受けている。

拡大する写真・図版英語の授業風景。生徒たちは教師に指名されると、マイクをオンにして答える=北鎌倉女子学園提供

 この日の授業のテーマは、英語での自己紹介。先生の後について、生徒たちが声に出して練習する。先生が1人を指名すると、指された生徒はマイクをオンにして答える。板書が画面に映し出され、授業後に全員に共有される。「一つ目の文が、よく分かりませんでした」。時折、生徒から質問が入る。「実際のクラスより、手を挙げるのが恥ずかしくない」「家なので、リラックスして取り組めます」という声も。

 「ノートは見開きで使い、英語を左側のページに、日本語訳を右側に書きましょう」。この日の宿題は、自分のプロフィルを英語と日本語でノートに書き込み、写真に撮ってメールに添付して送る。教師が後で、文字の書き方やつづりを添削して返信する。以前は各自からノートを預かるため、急いで返却する必要があったが、今は、じっくり見てあげられるという。

 同校では2年前から生徒全員にiPadを配布し、情報の共有やコミュニケーションを重視したICT(情報通信技術)教育を進めてきた。休校が始まった今年3月からはオンライン授業を開始。平日は午前8時半過ぎに出席をとり、9時から授業が3時限。午後は英会話や個人面談、課題の学習など。授業時間は各40分、休憩は各20分。目が疲れるため授業は通常より10分短く、休み時間は次の授業で使うソフトの設定などのため10分長くしている。生徒同士で個別につなぎ、画面に提出物を映し出して書き込めるのでグループワークも可能だ。

拡大する写真・図版北鎌倉女子学園では、休校中もiPadを使って個人面談を行い、進路指導などにあたる=2020年4月21日午後3時5分、神奈川県鎌倉市山ノ内、柏木友紀撮影

「部活の引退イベントが」学校生活に渇望も

 「友達の顔が見られてうれしい」「休み時間や放課後に、仲良しの友達とおしゃべりするのが楽しみ。友だちの誕生日をオンライン上でお祝いしました」。生徒は端末を最大限に活用する一方、「部活の引退イベントの新入生歓迎発表会を開きたかった」「生徒総会を開催したい」など、リアルな学校生活への渇望感も強い。同校には音楽科もあり、合奏などの実技には通信上の課題もある。「家では集中できない。学校も図書館も塾も閉鎖で、勉強できる場所がない」と嘆く高3生もいた。

 教師側も、機器や様々なソフトの使用法に習熟する必要があり、研修や教師間での共有など、様々な工夫をしている。生徒から夜間に使い方の質問がメールやチャットで来ると、「学ぶ意欲を止めたくない」と、早めに答えるようにしている。

 授業によっては、高2までの5年間に300時間を使う「総合探究」のフィールドワークなど、オンラインでは出来ないものもある。「オンラインでも知識の伝達は何とかなるが、人間的な成長のために何を提供できるか。学校の再開後、授業のあり方や学校の存在意義について考え直すことになる」と山本学教頭は話す。

教師も自宅から、書道も開始予定

 「今回、導き出さなきゃいけない大事なキーワードはなんだったでしょう」

 4月28日、私立中高一貫校、栄東中学・高校(さいたま市)の生徒がいない教室で、社会科の坂本大志(まさゆき)教諭(42)がノートパソコンに向かって語りかけた。高3向けの日本史の授業だ。

拡大する写真・図版マイクを使いオンライン授業を進める栄東高校の坂本大志教諭=2020年4月28日午前11時8分、さいたま市見沼区、山田暢史撮影

 生徒から提出された江戸時代の交通発達に関する課題を、タブレット端末の画面上で添削し、解説する。ライブ配信なので、生徒の表情や反応は見えない。こまめに質問を投げかけ、チャットで回答してもらう。坂本教諭は「授業で手を挙げるのをためらっていたような生徒も、チャットだと応じてくれるなど意外な発見もあった」と手応えを口にする。

 栄東には、埼玉県外から通う生徒も多い。休校中、どう学習力を維持・向上させるか――。外出自粛要請が続く中、生徒へのウイルス感染を防ぐためにも、4月20日から中学・高校ともに生徒の私有端末などを活用し、主要5科目のオンライン授業を始めた。平日は朝のホームルームから1コマ50分の授業を通常の時間割で実施。土曜日(第三土曜日を除く)も午前中の4時限まで行う。教職員の感染を防ぐため、約8割の教師は自宅から授業を行う。今月11日からは書道などの実技科目も始める予定だ。

拡大する写真・図版栄東高校のオンライン授業。生徒が提出した課題を教諭が添削する=2020年4月28日午前10時56分、さいたま市見沼区、山田暢史撮影

 自らも中1に英語を教える田中淳子校長は「最初は手探りだったが、生徒は全員授業に参加し、先生たちも工夫をしながら授業をしてくれている。協力してくれている保護者には感謝しかない」と話した。

■公立高も奮闘、校長がライ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら