40年働いた学童保育、校門でクビ宣告 保護者も不信感

有料会員記事

編集委員・沢路毅彦、堀之内健史
[PR]

 新型コロナウイルスへの対応のさなか、大阪府守口市学童保育の指導員が大量に雇い止めされた。公共サービスの担い手が、不安定な立場で働いていることを示す象徴的な事例だ。子どもがなついていた人たちが突然いなくなる事態に、保護者は不安を隠せない。

 「指導員が一度に変わるのはおかしい。子どもが放課後を安心して過ごせるために、同じ指導員が長く担当するべきだ」

 守口市内の学童保育に小学生の2人を預ける母親は憤る。

 3月から学校は休校になり、共働きなので学童保育が頼り。親子とも慣れ親しんだベテラン指導員らが、消毒などを率先してする姿を見て、安心して通わせていた。

 しかし今春、顔ぶれが大きく変わった。

 補助も含めて約80人いる指…

この記事は有料会員記事です。残り1324文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら