[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が、また若者らの活躍の場を奪った。10日発表された、今秋の全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)など三つの全国大会の中止。練習を重ねてきた児童・生徒や指導者らに落胆が広がった。

 「部員全員が一つになって目標に向かう大会は『ひとつの青春』。失われてしまって、とても寂しい」

 精華女子高校(福岡市博多区)吹奏楽部の音楽部長、瀬口紗弥さん(3年)は、仲間からのラインで中止を知った。すぐに実感は湧かなかったが、全日本吹奏楽連盟が出した発表文のスクリーンショットが届くと、涙が出た。

 全日本吹奏楽コンクール、全日本マーチングコンテストの両方で金賞に輝いてきた強豪校。昨年は吹奏楽コンで全国出場を逃し、高校最後の大舞台への思いは強かった。休校中も自宅でテナーサックスの演奏を続け、部員同士で演奏を撮影した動画を送りあった。

 「やっぱりみんなと一緒に奏で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら