[PR]

 サッカーから競輪へ、プロ野球からプロボクシングへ。異色の転向を果たした2人の選手がいる。ともに25歳。一度は力の限界を感じたものの、ふとしたきっかけから新たな夢に向かって突き進んでいる。

突然の打診 支援受け決意

 サッカーのいわきFCでプレーしていた白河市の菊池翔(かける)さん(25)は今、競輪選手を目指し、厳しいトレーニングに励む。

 埼玉県春日部市出身で、Jリーグの大宮ユース、駒大を経て2017年にいわきFCに加入した。左サイドのDF。スピードと運動量を生かした攻撃参加が持ち味だった。17歳以下世界選手権のアジア1次予選にも、日本代表として出場したことがある。

 17年は福島県社会人リーグ7…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース